FDM、fdmとは?ファッシャルディストーションモデルの普及活動を促進する
FDM アジアン アソシエイション 公式ホームページ FDMの解説
オステオパシー手技FDM普及のFAAのトップへ。
The Fascial Distortion Model (FDM) is am anatomical perspective in which the underlying etiorogy of virtually musculoskeletal injury is
considered to be comprised of one or mere of six specific pathological alterations of the body's connecting tissues.
 
お問い合わせサイトマップ 
FAA事務局 〒805-0024 福岡県北九州市八幡東区中畑1−7−1 TEL 093−651−7793
 FAA 公式ホームページ      ファッシャルディストーションモデル(FDM)とは?
トップページ>FDMとは?
☆FDMとは?
☆セミナー書籍案内
☆FDM MOVIE
☆FDMの歴史
☆注意事項
☆リンク集
☆What's new!
☆各種疾患と解説
☆施術院紹介
☆FAA会員レポート

FDMとは?


 ファッシャルディストーションモデル
FDM)とは、“筋膜歪曲様式”と訳すことが出来ます。それは急性の怪我や慢性の痛みは 『体に起こった変化』 から起こると考え、それを手技により再建させる画期的な療法です。痛みを発生させる患部を直接施術するごまかしのない集中的療法ですので、他の各種療法、柔道整復術、鍼灸、マッサージ、理学療法、カイロプラクティック、整体、その他の民間療法とはまったく異なります。またこれら療法と混合して、或いは片手間に行われることはありません。

 FDM アジアン アソシエイションでは、有資格者を対象に、FDMを主として執り行う真の専門家の養成に力を注いでおります。


 FDMでは、損傷は人体組織に発生する六種類の変化のうち、1つ、或いは複数の組み合わせと認識します。ここて言う“組織”とは、腱、靭帯、筋支体、筋膜バンド、癒着、そして周囲を取り囲む他の組織、骨、神経、器官、などを構成する、人体の主要な結合組織を意味しています。

損傷に生じ得る6種類の変化

現在、ファッシャルディストーションモデルで認識する六種類の変化とは:

 1.トリガーバンド:捻られた筋膜バンド
 最も一般的な損傷です。これらは筋膜バンドのコースに沿って、燃えるような、或いは引っ張るような痛みの原因となる、捻られた、或いは皺を寄せられた筋膜繊維です。患者さんが不快の特徴を述べるとき、影響を受けた経路に沿って指で撫でる様な動作を彼等の潜在意識によって行います。(トリガーバンドを捻れたリボン、捻れたシートベルト、あるいは開いたサンドウィッチバッグに例える事が出来ます)

 2.ヘルニアトリガーポイント:筋膜面を通しての組織の異常な突出
 四肢で発見されることはめったにありません。HTPは“スポンジ状のマーブル”のような触感で、アーモンドサイズ、或いはより小さい筋膜ヘルニア形成です。

 3.コンテニアムディストーション:靭帯、腱、などの組織と骨との間の接合部の変化
 これらの損傷は、筋肉や靭帯と骨の間の接合部での小さな損傷と考えてください。患者さんは指の先端でこの損傷を指差し、一点に痛みを訴えます。

 4.フォールディングディストーション:筋膜面の三次元変化
 これらの損傷は特に関節の組織に発生する損傷です。FDMでは、道路地図を広げ、くしゃくしゃにたたむ、或いはジャバラを引き伸ばし、そして捻って戻した状態に例えています。フォールディングディストーションの痛みは関節深部での痛みです。

 5.シリンダーディストーション:部分的に重なり合う円筒形筋膜コイル
 皮下組織の下に存在する筋膜の解剖学的損傷です。シリンダーディストーションは、再現出来ない、或いは触診で誇張出来ない、非関節部分での深い痛みの原因となります。また広範囲にわたり表面的で奇妙な症状、例えば刺痛(知覚異常)、麻痺(感覚減少)などの原因となります。

 6.テクトニックフィクセイション:筋膜表面の滑動制限
 患者さんが“関節が固まった”或いは“関節の油が切れた”と言った症状の説明をするとき、それはテクトニックフィクセイションの存在を示唆しています。テクトニックフィクセイションは滑らかさを失った関節表面です。


 例えば足首捻挫では、一般的に『足首捻挫は足を捻ったから痛い』或いは『靭帯の損傷が』、『炎症が』と言う考えに留まります。足首を構成する組織がどのように変化し、『それを元に戻す』と試みることはありません。そしてもし骨折を伴ったなら、それは『骨が折れたから痛い』となり、骨折を起こすに至るまでの過程、捻挫の状態は忘れ去られてしまいます。足首を捻り骨折に至った場合、『果たして骨折による痛みの割合はどのくらいであるのか?捻挫による痛みを取り除くことが出来たなら、どのくらいの症状の軽減が可能であるのか?』と考える人はいません。

 事実上、“足首捻挫”や“五十肩”などのあらゆる筋骨格系の損傷は、上記の筋膜ディストーションのうちの一つ、もしくは複数から構成されると考慮することが出来ます。ファッシャルディストーションモデルによるアプローチでは、どのタイプのディストーションがその損傷に存在するかを判断し、対応する独自の方法で矯正を行うことにより、損傷となった組織を再生することを目的としています。

管理者 FAA事務局長 岩田宏平 (いわたこうへい)
オステオパシー手技FDM解説のPage-TOPへ。
FAA事務局 〒805-0024 福岡県北九州市八幡東区中畑1−7−1 TEL 093−651−7793
FDMとはセミナー書籍案内FDM MOVIEFDMの歴史注意事項リンク集
What's new!各種疾患と症例施術院紹介オステオパシー
セミナー

Copyright (C) 2003 FDM Asian Association. All Rights Reserved.
オステオパシー|オステオパシー北海道|オステオパシー青森|オステオパシー岩手|オステオパシー宮城|オステオパシー秋田|オステオパシー山縣|オステオパシー福島|オステオパシー神奈川|オステオパシーセミナー埼玉|オステオパシー千葉|オステオパシー茨城|オステオパシー栃木|オステオパシー群馬|オステオパシー新潟|オステオパシー山梨|オステオパシー永野|オステオパシー愛知|オステオパシー岐阜|オステオパシー静岡|オステオパシー三重|オステオパシー山県|オステオパシー石川県|オステオパシー福井県|オステオパシー京都|オステオパシー兵庫県|オステオパシー滋賀県|オステオパシー奈良県|オステオパシー和歌山県|オステオパシー鳥取県|オステオパシー島根県|オステオパシー岡山県|オステオパシー鳥取県|オステオパシー広島県|オステオパシー山口県|オステオパシー徳島県|オステオパシー愛媛県|オステオパシー香川県|オステオパシー高知県|オステオパシー佐賀県|オステオパシー長崎県|オステオパシー宮崎県|オステオパシー大分県|オステオパシー熊本県|オステオパシー沖縄県|オステオパシー東京|オステオパシー大阪|オステオパシー名古屋|オステオパシー広島|オステオパシー九州|オステオパシー福岡|オステオパシー|オステオパシーセミナー|オステオパシーセミナー北海道|オステオパシーセミナー青森|オステオパシーセミナー岩手|オステオパシーセミナー宮城|オステオパシーセミナー秋田|オステオパシーセミナー山縣|オステオパシーセミナー福島|オステオパシーセミナー神奈川|オステオパシーセミナー埼玉|オステオパシーセミナー千葉|オステオパシーセミナー茨城|オステオパシーセミナー栃木|オステオパシーセミナー群馬|オステオパシーセミナー新潟|オステオパシーセミナー山梨|オステオパシーセミナー永野|オステオパシーセミナー愛知|オステオパシーセミナー岐阜|オステオパシーセミナー静岡|オステオパシーセミナー三重|オステオパシーセミナー富山県|オステオパシーセミナー石川県|オステオパシーセミナー福井県|オステオパシーセミナー京都|オステオパシーセミナー兵庫県|オステオパシーセミナー滋賀県|オステオパシーセミナー奈良県|オステオパシーセミナー和歌山県|オステオパシーセミナー鳥取県|オステオパシーセミナー島根県|オステオパシーセミナー岡山県|オステオパシーセミナー鳥取県|オステオパシーセミナー広島県|オステオパシーセミナー山口県|オステオパシーセミナー徳島県|オステオパシーセミナー愛媛県|オステオパシーセミナー香川県|オステオパシーセミナー高知県|オステオパシーセミナー佐賀県|オステオパシーセミナー長崎県|オステオパシーセミナー宮崎県|オステオパシーセミナー大分県|オステオパシーセミナー熊本県|オステオパシーセミナー沖縄県|オステオパシーセミナー東京|オステオパシーセミナー大阪|オステオパシーセミナー名古屋|オステオパシーセミナー広島|オステオパシーセミナー九州|オステオパシーセミナー福岡|手技療法|手技療法セミナー|手技療法セミナー北海道|手技療法セミナー青森|手技療法セミナー岩手|手技療法セミナー宮城|手技療法セミナー秋田|手技療法セミナー山形県|手技療法セミナー福島県|手技療法セミナー神奈川県|手技療法セミナー埼玉県|手技療法セミナー千葉県|手技療法セミナー茨城県|手技療法セミナー栃木|手技療法セミナー群馬県|手技療法セミナー新潟県|手技療法セミナー山形県|手技療法セミナー長野県|手技療法セミナー愛知県|手技療法セミナー岐阜県|手技療法セミナー静岡|手技療法セミナー三重県|手技療法セミナー富山県|手技療法セミナー石川県|手技療法セミナー福井県|手技療法セミナー京都|手技療法セミナー兵庫県|手技療法セミナー滋賀県|手技療法セミナー奈良県|手技療法セミナー和歌山県|手技療法セミナー鳥取県|手技療法セミナー島根県|手技療法セミナー岡山県|手技療法セミナー広島県|手技療法セミナー山口県|手技療法セミナー徳島県|手技療法セミナー香川県|手技療法セミナー愛媛県|手技療法セミナー香川県|手技療法セミナー高知県|手技療法セミナー佐賀県|手技療法セミナー長崎県|手技療法セミナー大分県|手技療法セミナー宮崎県|手技療法セミナー熊本県|手技療法セミナー鹿児島県|手技療法セミナー沖縄県|手技療法セミナー東京|手技療法セミナー大阪|手技療法セミナー名古屋|手技療法セミナー広島|手技療法セミナー九州|手技療法セミナー福岡|柔道整復|柔道整復師|柔道整復セミナー|柔道整復セミナー東京|柔道整復セミナー大阪|柔道整復セミナー名古屋|柔道整復セミナー広島|柔道整復セミナー九州|柔道整復セミナー福岡|頭痛 治療法|鞭打ち症 治療法|肩こり 治療法|五十肩 治療法|テニス肘 治療法|腱鞘炎 治療法|突き指 治療法|腰痛 治療法|椎間板ヘルニア 治療法|脊柱管狭窄症 治療法|坐骨神経痛 治療法|膝の痛み 治療法|肉離れ 治療法|スポーツ障害 治療法|野球肘 治療法|野球肩 治療法|ジャンパー膝 治療法|ジャンパーズニー 治療法|オスグット・シュラッター病 治療法|オスグット病 治療法|オスグット 治療法|シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 治療法|シンスプリン 治療法|足首捻挫 治療法|捻挫 治療法|セバー病 治療法|セーバー病 治療法|かかとの痛み 治療法