オステオパシー 最新手技、FDM ファッシャルディストーションモデルの普及活動を促進する
FDM アジアン アソシエイション 公式ホームページ FDMの歴史
オステオパシー手技FDM普及FAAトップへ。
The Fascial Distortion Model (FDM) is am anatomical perspective in which the underlying etiorogy of virtually musculoskeletal injury is
considered to be comprised of one or mere of six specific pathological alterations of the body's connecting tissues.
 
お問い合わせサイトマップ 
FAA事務局 〒805-0024 福岡県北九州市八幡東区中畑1−7−1 TEL 093−651−7793
 FAA 公式ホームページ    ファッシャルディストーションモデル(FDM)の歴史
トップページ>FDMの歴史
☆FDMとは?
☆セミナー書籍案内
☆FDM MOVIE
☆FDMの歴史
☆注意事項
☆リンク集
☆What's new!
☆各種疾患と症例
☆施術院紹介
☆FAA会員レポート

オステオパシー 手技療法 FDM

ファッシャルディストーションモデル(FDM)の歴史


 ファッシャルディストーションモデルは、スティーブン・ティパルドス,D.O.によって、オステオパシーと整形外科の統合として研究開発された、従来の治療法とは全く異なる次世代の医学です。そのきっかけは意外な出来事から生まれました。その歴史を私(田中啓介,FDM.O.)がアメリカ(Bangor)にあるDr,ティパルドスのクリニックやご自宅に滞在させていただいた時に直接伺った話に基づき、以下に紹介します。

1991年9月 トリガーバンドとヘルニアトリガーポイントの認識

 アメリカにはオステオパシーと言う医療が正式に医学として認められており、その学位を取得したものにD.O.(ドクター オブ オステオパシー)の称号が与えられ、その医療業務が許可されます。既にD.O.としての業務を行っていたDr,ティパルドスのクリニックに、肩に損傷を持つ患者が訪れたそうです。しかしDr,ティパルドスがあらゆるオステオパシーの治療を行っても、その患者の症状が改善されることは無かったそうです。ある日その患者はDr,ティパルドスに「ここを強く押さえてください」と言いました。言われるままにその部分を強く触診してみると、Dr,ティパルドスは、その軟部組織の深部で異常な組織の塊のようなものを感じたそうです。それを更に強く圧迫するとその塊は動き始めました。Dr,ティパルドスはそれを親指で追跡し、やがてそれは消失しました。その直後に患者の症状もまた消失していたそうです。これがトリガーバンドテクニックが始めて成された瞬間の出来事です。以来、Dr,ティパルドスは筋膜組織と言うものを研究し、1991年9月にその組織の病変“トリガーバンド”と“ヘルニアトリガーポイント”を発見しました。

1992年3月 コンテニアムディストーションの発見

1992年3月 コンテニアムディストーションの発見
 トリガーバンドヘルニアトリガーポイントを発見してからもDr,ティパルドスの研究は続きました。そして次にDr,ティパルドスは、靭帯や腱などの組織と骨の接合部に“移行ゾーン”と呼ばれる部分が存在し、その特殊な能力の損失が原因となる“コンテニアムディストーション”を発見しました。その年にDr,ティパルドスは、これらの研究をラスベガスで始めて発表しています。

 1993年 フォールディングディストーションの構想
 更にDr,ティパルドスはこの年、フォールディングディストーションの存在と治療を開発し、これらの発見とその治療形態を“ファッシャルディストーションモデル”と言う言葉にまとめました。

 1995年 シリンダーディストーション、テクトニックフィクセイションの発見

 1997年1月 最初の国際講演
 最初の国際レクチャーがウィーンのオステオパシーカレッジで行われました。このときがファッシャルディストーションモデルの正式な世界発表となります。そしてこの年にトリガーバンドに関する研究発表がAAO(アメリカのオステオパシー学会)で行われ、フランス、オーストリア、ポルトガル、そしてアメリカと言った世界の各地でセミナーが開催されました。

 1997年 秋 ファッシャルディストーションモデル 第1版の出版

 1998年4月 ファッシャルディストーションモデル 第二版の出版
 オーストリア、フランス、セミナーが開催されました。そして日本では、JOA(日本オステオパシー学界)により“オーソパシックメディスン第2版”(過去の一時的名称)の日本語版が出版され、東京でセミナーが開催されました。

 1999年4月 ファッシャルディストーションモデル 第三版の出版(英語、ドイツ語)
 残念ながら日本には販売されることはほとんどなく、一冊は私のもとで日本語に翻訳されたまま日本のセラピストに公開されることはありませんでした。

 2001年7月 ファッシャルディストーションモデル十周年記念式典
 この年にアメリカ(Bangor)で、創始者、スティーブン・ティパルドス,D.O.と、選出された中核メンバーにより、ファッシャルディストーションモデル十周年記念式典が開催されました。会議では、ファッシャルディストーションモデルの将来と展望が話し合われ、そして記念セミナー(中核メンバーのみ)では、従来のセミナーとは違い、実際に多くの患者を治療し、より実践的な、内容の濃い実技指導が行われました。

 2002年4月 ファッシャルディストーションモデル 第四版の出版
 以後もスティーブン・ティパルドス,D.O.の研究は続き、数多くの新たな発見、その理論と治療法を加え、また過去の研究を更に詳しく分類し、発展した理論を公開した、ファッシャルディストーションモデル第四版(英語)が出版されました。

 2002年7月 FDM アジアン アソシエイション 設立
 この年、スティーブン・ティパルドス,D.O.と私は、FDMの技術普及と保護を目的とし、その運営と責任を、田中啓介,FDM.O.に一任し、不適切な普及を防ぐという合意の下、FDM アジアン アソシエイションを設立しました。

 2002年4月 ファッシャルディストーションモデル 第四版 日本語版の出版
 FDM創始者のクリニックでの、長期にわたる臨床実習、代理施術の経験を元に、できるだけ原文に近い形で翻訳いたしました。現在、ジャパン オーソパシック パブリケイションズにより販売されております。

 2005年6月 FDM International 2005 in アラスカ
 FDMの将来的展望を議とした第二回目の国際会議がアラスカで行われました。同時にFDMセミナーも開催され、アラスカの多くの患者さんを治療しながら、実践的な形で行われました。

 2005年6月 FDM 第一回認定試験
 アラスカでの会議、セミナーの後、FDM認定試験が行われました。

 2006年4月5日 ファッシャルディストーションモデル創始者
                    スティーブン・ティパルドス,D.O. 逝去
 わが師、スティーブン・ティパルドス,D.O.が、心筋梗塞により亡くなられました。享年四十九歳。
この年、FDM アジアン アソシエイションにより主催される予定であった、FDM International in Japan を大変楽しみにしておられ、家族や親しい友人も日本に同行させ、行橋(田中FDMオフィス)を訪れる予定になっておりましたが、突然の他界となりました。

 2008年8月 FDM International in Hawaii
 ファッシャルディストーションモデルの創始者を失ってしまいましたが、その遺志を継ぐものたちによる新たな活動が始まりました。その第一回目の活動は、まったく新たな地、ハワイで行われました。FDM普及活動は、ハワイオステオパシー学会のCME(継続医療教育)の一環として、FDMレベル1セミナーが、FDM公式専任講師の一人、Georg Harrer,MD,DO.により行われました。日本からは私が実技指導補助として、そして岩田宏平先生や平塚康之先生、岩本真先生らが日本を代表して参加しました。

 2009年4月 FDM Level U セミナー in San Diego
 アメリカ、カリフォルニア州サンディエゴにて、オステオパシーCME(継続医療教育)の一環として、FDMレベルUセミナーが開催されました。アメリカ本土、アラスカ、EU諸国、日本、そしてアフリカからFDMを志す医師、オステオパスが多く参加しました。

 2009年9月 FDM International Symposium 2009 in Japan
 ホテルコスモスクエア国際交流センター 大阪にて、FDM International Symposium 2009FDM国際会議、そしてFDMレベルUセミナーが行われました。ファッシャルディストーションモデルを学び、実践し、そしてその普及に携わる多くの医師、オステオパスが世界各国から参加し、学び、そして意見を交わしました。また今回行われたFDM理学療法セミナーは、世界初のFDM理学療法セミナーとなりました。



 この様にファッシャルディストーションモデルは、非常に新しい分野です。そしてスティーブン・ティパルドス,D.O.の固定観念に捕われない、驚くべき発想力と研究により、計り知れなし将来性を秘めた、二十一世紀の医療体系と言えます。その素晴しい技術を、私利私欲のためではなく、疾患に苦しむ患者様のため、真摯に向き合う者にのみ継承させることが、FDM継承する者の務めであると考えます。

 FDMに関する出来事を記録した写真等は、田中FDMオフィスのホームページに掲載しております、ぜひご覧ください。 ここでは“FDMとは?”のページで解説した、専門的なFDMの損傷のタイプを、その施術法の解説と交え、一般の方にも分かり易く、解説いたします。



管理者 FAA事務局長 岩田宏平 (いわたこうへい)
Page-TOP
FAA事務局 〒805-0024 福岡県北九州市八幡東区中畑1−7−1 TEL 093−651−7793
FDMとはセミナー書籍案内FDM MOVIEFDMの歴史注意事項リンク集
What's new!各種疾患と症例施術院紹介オステオパシーセミナー

Copyright (C) 2003 FDM Asian Association. All Rights Reserved.
オステオパシー|オステオパシー北海道|オステオパシー青森|オステオパシー岩手|オステオパシー宮城|オステオパシー秋田|オステオパシー山縣|オステオパシー福島|オステオパシー神奈川|オステオパシーセミナー埼玉|オステオパシー千葉|オステオパシー茨城|オステオパシー栃木|オステオパシー群馬|オステオパシー新潟|オステオパシー山梨|オステオパシー永野|オステオパシー愛知|オステオパシー岐阜|オステオパシー静岡|オステオパシー三重|オステオパシー山県|オステオパシー石川県|オステオパシー福井県|オステオパシー京都|オステオパシー兵庫県|オステオパシー滋賀県|オステオパシー奈良県|オステオパシー和歌山県|オステオパシー鳥取県|オステオパシー島根県|オステオパシー岡山県|オステオパシー鳥取県|オステオパシー広島県|オステオパシー山口県|オステオパシー徳島県|オステオパシー愛媛県|オステオパシー香川県|オステオパシー高知県|オステオパシー佐賀県|オステオパシー長崎県|オステオパシー宮崎県|オステオパシー大分県|オステオパシー熊本県|オステオパシー沖縄県|オステオパシー東京|オステオパシー大阪|オステオパシー名古屋|オステオパシー広島|オステオパシー九州|オステオパシー福岡|オステオパシー|オステオパシーセミナー|オステオパシーセミナー北海道|オステオパシーセミナー青森|オステオパシーセミナー岩手|オステオパシーセミナー宮城|オステオパシーセミナー秋田|オステオパシーセミナー山縣|オステオパシーセミナー福島|オステオパシーセミナー神奈川|オステオパシーセミナー埼玉|オステオパシーセミナー千葉|オステオパシーセミナー茨城|オステオパシーセミナー栃木|オステオパシーセミナー群馬|オステオパシーセミナー新潟|オステオパシーセミナー山梨|オステオパシーセミナー永野|オステオパシーセミナー愛知|オステオパシーセミナー岐阜|オステオパシーセミナー静岡|オステオパシーセミナー三重|オステオパシーセミナー富山県|オステオパシーセミナー石川県|オステオパシーセミナー福井県|オステオパシーセミナー京都|オステオパシーセミナー兵庫県|オステオパシーセミナー滋賀県|オステオパシーセミナー奈良県|オステオパシーセミナー和歌山県|オステオパシーセミナー鳥取県|オステオパシーセミナー島根県|オステオパシーセミナー岡山県|オステオパシーセミナー鳥取県|オステオパシーセミナー広島県|オステオパシーセミナー山口県|オステオパシーセミナー徳島県|オステオパシーセミナー愛媛県|オステオパシーセミナー香川県|オステオパシーセミナー高知県|オステオパシーセミナー佐賀県|オステオパシーセミナー長崎県|オステオパシーセミナー宮崎県|オステオパシーセミナー大分県|オステオパシーセミナー熊本県|オステオパシーセミナー沖縄県|オステオパシーセミナー東京|オステオパシーセミナー大阪|オステオパシーセミナー名古屋|オステオパシーセミナー広島|オステオパシーセミナー九州|オステオパシーセミナー福岡|手技療法|手技療法セミナー|手技療法セミナー北海道|手技療法セミナー青森|手技療法セミナー岩手|手技療法セミナー宮城|手技療法セミナー秋田|手技療法セミナー山形県|手技療法セミナー福島県|手技療法セミナー神奈川県|手技療法セミナー埼玉県|手技療法セミナー千葉県|手技療法セミナー茨城県|手技療法セミナー栃木|手技療法セミナー群馬県|手技療法セミナー新潟県|手技療法セミナー山形県|手技療法セミナー長野県|手技療法セミナー愛知県|手技療法セミナー岐阜県|手技療法セミナー静岡|手技療法セミナー三重県|手技療法セミナー富山県|手技療法セミナー石川県|手技療法セミナー福井県|手技療法セミナー京都|手技療法セミナー兵庫県|手技療法セミナー滋賀県|手技療法セミナー奈良県|手技療法セミナー和歌山県|手技療法セミナー鳥取県|手技療法セミナー島根県|手技療法セミナー岡山県|手技療法セミナー広島県|手技療法セミナー山口県|手技療法セミナー徳島県|手技療法セミナー香川県|手技療法セミナー愛媛県|手技療法セミナー香川県|手技療法セミナー高知県|手技療法セミナー佐賀県|手技療法セミナー長崎県|手技療法セミナー大分県|手技療法セミナー宮崎県|手技療法セミナー熊本県|手技療法セミナー鹿児島県|手技療法セミナー沖縄県|手技療法セミナー東京|手技療法セミナー大阪|手技療法セミナー名古屋|手技療法セミナー広島|手技療法セミナー九州|手技療法セミナー福岡|柔道整復|柔道整復師|柔道整復セミナー|柔道整復セミナー東京|柔道整復セミナー大阪|柔道整復セミナー名古屋|柔道整復セミナー広島|柔道整復セミナー九州|柔道整復セミナー福岡|頭痛 治療法|鞭打ち症 治療法|肩こり 治療法|五十肩 治療法|テニス肘 治療法|腱鞘炎 治療法|突き指 治療法|腰痛 治療法|椎間板ヘルニア 治療法|脊柱管狭窄症 治療法|坐骨神経痛 治療法|膝の痛み 治療法|肉離れ 治療法|スポーツ障害 治療法|野球肘 治療法|野球肩 治療法|ジャンパー膝 治療法|ジャンパーズニー 治療法|オスグット・シュラッター病 治療法|オスグット病 治療法|オスグット 治療法|シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 治療法|シンスプリン 治療法|足首捻挫 治療法|捻挫 治療法|セバー病 治療法|セーバー病 治療法|かかとの痛み 治療法